指定石材店制を導入している多くの民間霊園

後々自分で数社ある指定石材店の中から、気に入った石材店を選ぶことが出来るワケではありません。
霊園を訪れた瞬間に、担当をしている石材店が自動的に振り分けられてしまうのが一般的となっています。指定石材店制を実施している霊園では注意をしなければいけないことがあります。
多くの霊園では、特定の石材店の広告を持参したり、指定をしたりしない限りは、自動的に石材店を振り分けられてしまう決まりになっています。現在におきましては多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にあります。
この指定石材店制とは、霊園にお墓を建てる場合に、指定されている石材店でお墓を建てるという規約のことを言います。 もしこれから霊園を探そうと考えているのでしたら、霊園の種類について理解をしておくようにしてください。
自治体や民間など霊園によって管理者が異なっていますので、そのメリットやデメリットについても勉強しておきましょう。



指定石材店制を導入している多くの民間霊園ブログ:20年02月13日

7年前にママが、続いて3年前に兄貴が亡くなった。

それまで自由気ままに
結婚もせず、遊びまわっていた俺も、
さすがに一人実家に残った病を抱えた親父を思い、
約20年ぶりに実家に帰った。

ママが健在の頃から、
ビールを浴びるように飲む兄貴と両親の仲は、
しっくりいかなかった。

そしてママがクモ膜化出血で倒れ、
約二ヶ月の闘病の末亡くなった後は、
親父と兄貴の関係は修復しがたい程にこじれていった。

ママの死を自分のせいだと自らを責め続ける兄貴には、
ビール以外に逃げ場が無かったのかもしれない。

酔っては暴言を吐き暴れる兄貴を、
親父は悲しい目で見ていた。

そんな生活が災いして、兄貴も亡くなった。
親父は「悲しいけれど、正直ホッとした」と俺に言った。

俺は、実家に戻りしばらくたってから、
ママが亡くなって以来そのままになっていた、
家の中の片付けを始めた。

そんなある日見付けた手紙の束の中に、
親父からママにあてた手紙があり、
俺は親父に内緒でそっと開いてみた。

それは俺が生まれて間もなく、
親父が出稼ぎ先から出したものだった。

内容は
「たまにしか会わないので、
子どもたちが自分の顔を見て泣きだしたのがショックだった」とか
「早く一緒に暮らしたい」とかたいした内容では無いのだけれど、
家族に対する愛情が溢れていた。

俺は涙が止まらなかった。
兄貴が生きている間に、ひと目見せてやりたかったという気持ちで、
胸が一杯になった。

仏壇の隅に親父の目にふれぬようにそっと手紙を置き、
心の中で
「兄ちゃん、俺たちはこんなにも愛されて育ちましたよ」
とそっと呟いた。

そして、親父も昨年亡くなり、
俺は本当に一人きりになってしまった。

でも俺の前には、3人の写真が有り、
今も3人からの愛情を感じている。