指定石材店制を導入している多くの民間霊園

指定石材店制を導入している多くの民間霊園


指定石材店制を導入している多くの民間霊園
後々自分で数社ある指定石材店の中から、気に入った石材店を選ぶことが出来るワケではありません。
霊園を訪れた瞬間に、担当をしている石材店が自動的に振り分けられてしまうのが一般的となっています。指定石材店制を実施している霊園では注意をしなければいけないことがあります。
多くの霊園では、特定の石材店の広告を持参したり、指定をしたりしない限りは、自動的に石材店を振り分けられてしまう決まりになっています。現在におきましては多くの民間霊園で指定石材店制を導入している傾向にあります。
この指定石材店制とは、霊園にお墓を建てる場合に、指定されている石材店でお墓を建てるという規約のことを言います。 もしこれから霊園を探そうと考えているのでしたら、霊園の種類について理解をしておくようにしてください。
自治体や民間など霊園によって管理者が異なっていますので、そのメリットやデメリットについても勉強しておきましょう。




指定石材店制を導入している多くの民間霊園ブログ:20年07月06日

大人になるとほとんどの人が、
24時間の大半の時間を仕事で使っています。

当たり前のことですが、
生活の第一優先が「仕事」になりますよね。

小さな子どもがいる我が家でも、
よくこんな言葉を吐いている自分に気付きます。
「お父さん、お仕事だからね…」

少し反抗期の三歳になる息子も、
「仕事」という言葉だけには逆らいません。
「仕事」というものが一番「大切」で、
自分よりも優先されるものだと理解しているのでしょう。

もちろん間違いではないし、
家族の命や豊かな生活を守るための仕事でもあります。
仕事が無くなったら、
たちまち今の生活は脅かされてしまいますもんね。

何よりも優先される「仕事」。

でも、よく考えてみると、
私達は「仕事だから」と言う言葉を、
小さな子どもに対してだけに
使っているわけでも無いようなんですよね。

家事を手伝って欲しいという奥さんに…
いつもいつも自分を誘ってくれる友達に…

「仕事だから…」って
よく言ってしまっているんです。

家族や周りの人達だけでもなく、
自分自身にも使います。

旅行に行きたいのに…
どうしても観たい映画があるのに…
もっと奥さんや子どもと過したいのに…

「仕事だから…」と
自分自身に言い聞かせています。

実のところ息子に
「仕事だからね…」と言い聞かせている
私のこころ片隅には、
「私は間違ってるんじゃないか?」
…いつもそんな疑問が残ってしまいます。

私はこれから息子に
「お父さん、仕事だからね…」という言葉を、
「お父さん、今したいことがあるからね」
という言葉に変えようと思っています。

え?もう時間だ。やべ、仕事行ってきます~
指定石材店制を導入している多くの民間霊園

指定石材店制を導入している多くの民間霊園

★メニュー

公営墓地は自治体が管理をする霊園
設備が整っている霊園を選ぶことがポイント
メリットが多い民営の霊園を利用する
霊園の管理状況や環境などを確認
立地条件は霊園選びで大切
宗教に関する問題が管理者によって存在する
お墓をローンで購入するケースが多い
自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう
指定石材店制を導入している多くの民間霊園
霊園選びで失敗をしないために


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)覚えておいて正解です!霊園情報