自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょう

予算の上限を予め決めておくことは非常に大切なので、しっかりと確認をしておきましょう。
ですので、まずは「これ以上は出すことが出来ない」という支払いの上限を決めておくことが大切です。霊園が位置している希望の地域の目安をまずは決め、大体どこの地域にお墓を求めたいのかを考えておきましょう。
「遠くても○○くらいの距離まで」というアバウトな考え方で良いかと思います。宗教ですが、決まった宗教を持っているのでしたらそれをまずは明確にしておくことが大切です。
霊園や墓地によっては、宗教に制限のある場合があり、また一般的に、寺院墓地はお寺の檀家のための墓地となっていますので、檀家になることが前提のケースが多いのです。 一生に一度買うか買わないかという霊園ですが、もし買うとなった時すぐに対応することが出来ますか?
意外と霊園に関する知識を知らない人が多いのでまずはしっかりと基礎知識を頭に入れておくようにしましょう。



自分なりに希望の霊園をまずはまとめましょうブログ:20年10月18日

育児をしているのなら、
子どもに午前中のウンチをきちんとさせた上で、
午前中食を軽めにするというようにした方がいい。

午前中は身体自体が食事を要求しているのではなく、
脳が炭水化物を要求しているだけだからだ。

それこそ穀物中心の食事でいいのである。
食欲がないのなら、フルーツジュースを自宅で作り、
それを午前中食にしてしまうのがおすすめ!

午前中食が軽い分、
昼食と夕方食を重くすればいいのだ。

人間は午前11時から消化モードになるので、
昼食こそ重点を置くべきなのである。

でも、平日の生活では忙しいので、
平日の昼食は普通程度にし、
休日の昼食を重たくすればいい。

一日3食にするのではなく、
「一日2食半」というような
食事パターンにすることが理想。

この食事パターンを守ると、
身体は食事の消化吸収のために疲労しなくなり、
子どもは健康そのものに育って行き、
知能を高くすることができるようになる。

いつも大飯ばかり食べていたら、
子どもは食事の消化吸収に疲れ切ってしまい、
病気になりやすく、頭も悪くなっていくものなのである。

一日3食にして、
子どもにたくさんの食事を与えた方が
健康になるのではないかと疑問に思う人もいるだろうが、
栄養豊富な土壌では逆に食物が健全に育たなくなるように、
子どもも栄養豊富だと逆に身体を弱らしてしまう…

裕福な家庭の子どもに限って
病気がちなのはこのためである。

人間をはじめとする全ての生命体は、
栄養が足りないのではないかと思う地においてこそ、
身体を活性化させ、その不足している栄養を
しっかりと吸収していこうとするのだ。