霊園選びで失敗をしないために

もしもフリーで霊園見学をしてしまいますと、自動的に石材店を決められてしまう原因にもなるので、あまりオススメすることは出来ません。
最初に貴方が希望をしている地域の安心出来る石材店を選んでから霊園を見学するようにしましょう。石材店というのは価格がほぼ均等となっていますので、安心することの出来る石材店を選ぶことの出来る利点があります。
しかし中にはかなり高い料金設定をしてくる石材店も存在していますので注意をしてください。民間霊園においてお墓を購入する場合につきましては、各石材店でその価格差がほとんどありません。
施工の面やアフターケアの面では、全く同様ということはありませんのでご注意ください。 知っておかなければいけない最低限の知識が霊園探しにはあり、まずはそれを頭に入れておきましょう。
どんなに環境の良い霊園だったとしても、実は管理が行き届いていないなんてこともあるので気を付けましょう。



霊園選びで失敗をしないためにブログ:20年10月15日

僕は高校を卒業した後、
故郷を離れ東京の専門学校へ4年間通い、
両親の仕送りを受けながら、
一人暮らしをさせてもらっていました。

田舎から一人で東京に出てきて、
右も左もわからず学校の入学式を迎え、
もちろん、一人も友達、知り合いなんていません。

そんな不安な中、
東京在住のA君という友達と仲良くなり、
実家へ遊びに行ってはご飯をごちそうになったり、
時にはそのまま泊まって行ったりし、
なんとなく東京での生活も慣れてきました。

学校での13時食は
毎日のようにA君と学食で食べていたのですが、
ひと月くらいが過ぎた頃…

A君が
「僕、明日から母に弁当作ってもらうわ」
と言いました。

僕は、
入学してから毎日のようにA君と学食に行っていたので、
なんとなく寂しい感じをしましたが、
「じゃあ、俺は他の子達と学食に行くよ」
と言いました。

すると、A君が思いもよらぬことを言いました。
「お前の分も僕の母が作ってくれるみたいだから、
一緒に持ってくるわ」
と言ってくれました。

しかし、さすがに僕は申し訳ないと思い、
一度は遠慮したのですが、改めてその日A君の母から、

「一つ作るより二つ作る方が弁当は作りやすいから、
遠慮しないでいいんだよ。何か嫌いな物ある?」
と言われ、

欠かさず僕は遠慮もせず、
「レバー」(苦笑い)と言いました。

その会話により、
次の日から毎日A君は、
僕のために弁当を二つ持ち帰りしてくれました。

そうして4年間、
僕はA君の母に毎日弁当を作ってもらい、
そしてK君に持ち帰りしてもらう…
なんとも考えられないような人の好意によって
栄養を欠かさない食生活をおくらせてもらいました。